デイトレード入門
「デイトレードという投資方法」

[メニュー]
0.はじめに
1.トレード法の確立
2.銘柄選び
3.売買のタイミング
4.損切り
5.おすすめ参考書
6.証券会社一覧

※PCからアクセスしている場合には見易いPCページへどうぞ※

インターネットのが普及により株情報の量とスピードは上がりましたが、個人投資家が情報の末端にいることに変わりはありません。株式投資はプロの機関投資家が最新情報を集めて分析してもマイナスになることがあります。

日経ジャーナルや経済学をいくら勉強しても一般投資家が個人で株価の動きをを予測することは不可能です。もちろん最低限の情報収集は必要ですが、「株価がどうなるかを予想しても当てることは出来ない。」これが現実です。

これを前提にして明日株が上がろうが下がろうが関係無く、今日利益を出していくのが「デイトレード」です。
「デイトレード」はローリスク、ローリターンの超短期法です。値幅を大きく狙うことはしません。1日で大きく利益を上げようとは絶対に思わないで下さい。

あくまでデイトレードの基本はコツコツ毎日の利益を確保することです。これができない人はデイトレードをやらないほうが良いでしょう。しかし株式投資というのは、どうしても個々の経験と性格が反映されてしまいます。

つい勘や運に頼ってギャンブルに走ってしまう気持ちも分かります。
ですから「デイトレード」では人間心理のメンタルな部分をできるだけ排除して、一定の法則に従って機械的に売買します。この「トレード法」さえ確立すれば、銘柄選び、売買のタイミングなどの投資スタイルもおのずと決まってくるはずです。

[PR]

☆デイトレードの基本4箇条☆

基本1 「機械的に売買します」
一定の法則に従って機械的に売買します。売買のタイミングが重要ですから、利益確定は何%、損切りは何%とルールを明確に決めておく必要があります。

基本2 「ローリスク、ローリターンの超短期法」
利幅を大きく狙うことはしません。投資金額の1%を目安にして下さい。1日、100万円の投資で1万円の利益が目標です。一ヶ月で20万円の利益も可能です。

基本3 「手数料が安い」証券会社を選ぶ
おすすめは、楽天証券・イートレイド証券・ライブドア証券の3箇所です。楽天証券の株価情報サービス「マーケットスピード」を利用しています。

基本4 パソコン2台またはPDA及び携帯電話
デイトレードでは一人2台のパソコンを使用しています。できれば2台あったほうが効率的ですが、1台でも特に問題はありません。また証券会社によっては携帯やPDAなどからも売買できる場合もあります。

以上の4つの基本についてはホームページ上に記載されています。しかし実戦のデイトレードを成功させるためには、これだけでは足りません。デイトレードの成功には大事な4つの要素があります。この資料の中では、この4つについて特に詳しく説明していきましょう。

次へ
 


 

inserted by FC2 system